MENUCLOSE

内装工事メニュー

LGS工事(軽鉄工事)

LGS工事(軽鉄工事)
LGS工事(軽鉄工事)について

LGS(軽鉄)工事とは、住宅や事務所、店舗などの建物の壁や天井などの骨組みをつくる工事です。
建物を建てる上ではとても重要な工事になります。

LGS(軽鉄)工事の手順は、
軽量鉄骨(軽鉄)という天井・壁の骨組みを立て、その上に天井・壁の表面になるボードを張り行います。

軽量形鋼(Light Guage Steel)について

【LGSのメリット】
・防火の検査に通りやすい事
・工事のスピードが大工仕事に比較して速い事
・単価が安い事

今では、ほとんどの木工事から軽天工事に変わってきています。

LGSとは、
軽量形鋼(Light Guage Steel)、以下の文字を略した呼び名になります。
Light(軽量)
Gauge(規格)
Steel(鉄)

LGSを使用する工事のメリット

①「耐火性」
火の熱に耐える性質と燃えにくい性質の性能があります。

②「コストパフォーマンス」
木材を使用するよりも、コストが安く、使いやすいのが、メリットです。

③「加工性」
LGSは、木材の特性でもある「反りや曲がり、割れが無い」ので、マンションやオフィス、店舗等多くの場所で使用されています。

弊社の強み!LGS工事(軽鉄工事)

弊社では内装工事の大半がボード工事になります。
そのため、経験豊富な職人が多く在籍しており、
急な工事日程でも極力対応できるようにしております。

また、弊社は
①メーカーとの親密な付き合いがあるため、材料は他社よりも、お安く仕入れることができます。
②材料費は、大量で一括して仕入れるため、材料費が断然お安いです。

他社様より低予算でご検討のお客様は、ぜひ一度お問い合わせください。

ページの先頭へ